注文一覧カートを見る

SUS304とSUS430の比較

stainless
SUS304
(オーステナイト系)
SUS430
(フェライト系)
耐食性 優れる
(SUS430より錆びにくい)

(錆びにくい)
価格 高い 安い
磁性 磁石にくっつきにくい
(圧延部分はくっつきます)
磁石にくっつく
光沢 強い 普通
成分 クロム・ニッケルの合金 クロムの合金
※オーステナイト系とフェライト系は結晶構造の違いによって分類されています。
SUS304の方がSUS430より耐食性、強度等が優れており、錆びにくい特徴があります。
これは、レアメタルの一つであるニッケルを含んでいるためです。
ニッケルには粘りと強度を高める特徴があります。
クロムを合わせることで表面に保護力の強い酸化膜を生成し、耐食性を向上させます。
耐食性が向上するということは、腐食に耐える力が強くなる、つまり錆に強くなります。
ニッケルが含まれている分、SUS304の価格は多少高くなりますが、長期間、衛生的にご使用いただけます。